top of page

怒りのメカニズムを調べてみてわかったこと

【報告・連絡・相談をする】

皆様は怒りやすいですか?それともあまり怒らないですか?


良い仕事をするために、顧客や取引先だけでなく、会社の上司や部下、同僚の間で信頼関係を築いておくことがとても大切です。

特に上司と部下の関係においては、互いに報告・連絡・相談を怠らない姿勢が信頼を深める要点になります。また、部下を指導する立場にある上司の注意の仕方一つで、その関係性の善し悪しも変化していきます。

業務上で、部下が重大なミスをしてしまった際には、間違いを注意することは必要ですが感情的に怒ってしまうと、その後の部下の仕事ぶりに影響を及ぼします。

怒りは、自分の感情を相手にぶつけているだけに過ぎません。なぜ間違いが起きたのかを振り返る時間を設け、どうしたらよかったのかを一緒に考えていくことも必要です。

過ちを責めるのではなく、問題を改善するという教育で信頼を高めたいものです。


さて今日の結果は?

習慣クリアならず!


もともと怒ることも少なく、部下にあたることもない立ち位置なので習慣クリアならず。


ということで。。。

今日はアンガーマネージメントについて調べてみました。1970年代にアメリカで生まれ、当初は犯罪者のための矯正プログラムなどとして活用されていました。昨今では怒りの感情と上手に付き合うための心理教育または心理トレーニングとして一般化され、企業の研修などにも取り入れられるようになっています。


〈怒りのメカニズム〉

人は自分がこれまで大事にしてきた価値観や理想を裏切られたときに怒ります。さらに、不安や不満などのマイナスの感情が溜まればたまるほど怒りは大きくなるようです。


〈怒りを鎮める6秒ルール〉

怒りの対処方法「怒りに反射しないこと」。自分の怒りを感じたらまず6秒待って怒りを静めるとよいとのこと。6秒ルールでも怒りが収まりそうにない場合は、その場から離れるのも効果的だそうです。


また、自分の中に「○○すべき」といった理想や価値観へのこだわりが多く強いほど怒りが生まれやすくなるようです。「こうあるべき」「こうするべき」はあくまで個人の理想やこだわりであって、すべての人に通用するものではない事を日頃から頭に入れて、許容できる範囲を少しずつ広げておこうと思います。今日も一日お疲れ様でした!

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page