top of page

215話 モノの整理はココロの整理


【モノの整理はココロの整理】


仕事の効率を上げるために、整理整頓は欠かせません。「整理整頓」は、「必要のないものを捨て、乱れているものを整えて、きれいに片付けること」を意味します。



Aさんの職場では社員が使いやすいように机の配置を変更する時があります。先日、数年ぶりに配置変更があり、机の引き出しを整理しました。



すると過去の資料や、読まなくなった本がたくさん出てきました。Aさんは、それらを片付けている時、これまで物を捨てられなかった理由がわかりました。



それは、捨てるか残すかの判断ができないものが蓄積されていたということです。これらの物が捨てられなかったことが、自分の机の周りを乱している原因だったのです。



以後Aさんは「どうしようか迷った物」もすべて処分することにしていった結果、本当に必要な物だけが残り、仕事の効率も上がっていったのでした。 仕事の環境を整えて気持ち良く仕事をしていきたいものです。



さて今日の学びは?



モノの整理はココロの整理

私たちの身近に置いてある「モノ」はしばしば心の状態を表している事があります。



恥ずかしながら、ここのところの自分の身の回りを見渡してみると仕事の書類やトレーニングの器具や普段着などの衣類を含めたあらゆる「モノ」が散乱していました。



それはここ数週間のココロの乱れに繋がっていたことに気付きました。



正直に申し上げると、8月あたりから仕事も私生活もうまくいかない事があり、それに対してイライラしたり、あたったり、我儘になったり、心がマイナスに向かう事が多くありました。



表向きは体裁を取り繕ってきたわけですが、心根は私の部屋同様に散らかっていたと思います。



そして。



全部片付けました。

様々なモノを整理しました。



そうするとどうでしょう?

ココロに少しの余裕ができたのです。



追い詰められたり、上手くいかない時、周りをのせいにしていた自分に気付きました。日々を気持ち良く生きるなんて言ってましたが、足下が疎かになっていました。



8月からご迷惑をかけた皆様へ、まずはちゃんと謝罪して前に進もうと思います。


人間ですので失敗や間違った方向に進むことがあります、私の場合はそれが今です。それでも私は仲間と一緒に前に進みたい。初心を心に刻んだ仲間と笑顔のある世界を作りたい。もし壊れてしまっていたら、謝って、また一から作り直していきたい。ともに共有した未来に向かって一歩を踏み出したい。


そんな素直な心になれました。

今日も一日お疲れ様でした!

閲覧数:10回0件のコメント

コメント


bottom of page