top of page

AIと共存するには?

【仕事に心を込めましょう】

皆さま、AIはどこまで進化するのでしょうか?



AI技術(人工知能)の発展が目覚ましいこの頃は、様々な機械にAIが搭載されるようになりました。

地図を用いたナビゲーションアプリや部屋の構造を理解して掃除をするロボットなど、AIの用途は多岐にわたります。中には、絵画に自動で着色したり架空の人物の顔を作り出すなど、驚くような機能を持つものもあります。

生活の様々な面を補助する人工知能は、私たちの仕事も効率化してくれます。 業務の内容にのっては、AIが搭載された機械に工程のほとんどを任せてしまえることもあるでしょう。

一方で、取引先との信頼関係や職場内でのチームワークといった人の気持ちを汲み取ることは、AIが苦手とする分野です。その場の空気を読んで判断したり、ひらめきや直感など、感覚的なものを加味して判断することは不得意です。

便利なAI技術を効果的に使いながらも頼りきりにならず、今日は人ならではの真心で仕事をしようと思います!


さて結果は?

習慣クリア!


将来AIが担える仕事と人でなければできない仕事を考えてみました。


業種は多岐に及びますが、AIが得意な部分は演算能力、機械的作業、情報整理全般になるかと。逆に人にしかできない事は、感情を汲み取る精神的なコミュニケーション、01で企画を生み出す、人と心から向き合う。この辺りでしょう。


つまりこれから私達が必要とするモノは、スキルもそうですが、ココロなんだと感じました!楽しいところに人は集まる。いつも明朗にスナオに暮らしていこうと感じた1日でした。今日も一日お疲れ様でした!



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page